個人情報の取り扱いについて サイトマップ
今月受付の催し物

◎今月受付の催し物

美術展

【特別展】生誕110周年
奥田元宋と日展の巨匠-福田平八郎から東山魁夷へ-

戦後の日本画壇を牽引した奥田元宋(1912-2003)の生誕110周年を記念して、元宗とその活躍の舞台となった日展(日本美術展覧会)の画家たちの作品を紹介する展覧会を開催します。
元宋は広島に生まれ、19歳のときに上京して、遠縁にあたる同郷出身の日本画家・児玉希望に入門します。
1936(昭和11)年、日展の前身である文展(文部省美術展覧会)に初入選、以後、新文展、日展へと出品を重ね、日展の審査員や理事長も務めました。
画業初期は主に人物画を中心に製作し、1944年、郷里への疎開を契機に風景画を描くようになります。
戦後は、「元宋の赤」とよばれる赤の基調に、雄大な自然を描いた独自の風景画を確立しました。
また、和歌にも秀で、1981年には宮中歌会始の召人に選ばれています。

本展では、「宗玄の赤」が際立つ《玄溟》、古希を過ぎてから取り組んだ大作である《奥入瀬(秋)》ならびに《奥入瀬(春)》を同時に公開するほか、宮中歌会始の際の和歌を記した作品も展示します。
さらに、日展の前身である文展、帝展(帝国美術院展覧会)以降の官展の歴史を振り返りながら、帝展時代から活躍した福田平八郎をはじめ、川合玉堂の第1回日展出品作、元宗の師である児玉希望、「日展三山」と称された東山魁夷・杉山寧・髙山辰雄のほか、山口蓬春、山口華楊など日展で活躍した名だたる画家たちの優品とともに、20世紀の日本画壇をリードしてきた人気作家の足跡をたどります。


●会 期●
4月23日(土)~7月3日(日)
●開館時間●
平日、土・日・祝日 10:00~17:00 (※入館は閉館の30分前まで)
※今後の状況により会期・開館時間等は変更する場合がございます。
※入館日時のオンライン予約(有料)ができます。詳細は山種美術館のWEBサイトをご覧ください。
→ 山種美術館

●休館日●
月曜日 (但し、5/2(月)は開館)
●会 場●
山種美術館
●販売期間●
4月1日(金)~ 6月24日(金)まで ※売切れ次第終了
●料 金●
前売券 一般 800円(当日券1,300 円)
※中学生以下無料(付添者の同行が必要です。)
●枚 数●
1会員 4枚まで
●購入方法●
「ゆとりちよだ」窓口で会員証を提示の上ご購入ください。
電話予約(取置き10日間程度、キャンセル不可)、代引配送もできます。

≪注意事項≫
ネットオークション等による転売は厳禁とさせていただきます。
入場の際に会員証の提示を求められる場合もあります。

公益社団法人ゆとりちよだ


(C)ゆとりちよだ All Rights Reserved.